« 2017年3月 | トップページ

2017年5月

【お知らせ】賀川サッカーサロン開催(5/27)

2017/05/22(月)

5月27日に中央図書館で「賀川サッカーサロン」を開催します。
今月のテーマは、このたび賀川さんが出版された『このくにのサッカー 賀川浩対談集』についてです。
賀川さんのこの本への想いを語っていただきます。

時間:午後2時から
会場:中央図書館2号館4階研究室
※事前の申込みは不要です。

http://www.kobekagawabunko.jp/archives/157

固定リンク | お知らせ


出版のお知らせ

2017/05/08(月)

日本サッカーを築きあげてきた人たちにサッカーの現在と未来を語っていただこうと、一昨年からとりかかっていた対談集「このくにのサッカー」が出版の運びとなりました。

引っ越しなどが重なり、当初の予定より大変遅くなってしまい申し訳ありません。

対談に付き合っていただいた皆さんをはじめ、たくさんの人たちの支援で出来上がったもので、サッカー好きの人たちに読んでいただきたいものです。

故人となった岡野俊一郎さんをはじめ、川淵三郎といった日本サッカーの柱であった人、岡田武史さん、"得点王"釜本邦茂さん、女子の世界一の澤穂希さん、佐々木則夫さんたち日本代表の功労者。セルジオ越後さん、黒田和生さん、加藤寛さんという育成のオーソリティにも加わっていただきました。

サッカーショップ加茂の加茂建さんやカメラの岸本健さん、フットサル興隆の主である櫻井嘉人さんとも対談を行いました。照明の大家、石井幹子さんに登場願ったのは父君の竹内悌三さんを思い起こし、1936年ベルリン・オリンピックの逆転劇の歴史に今のサッカー好きの目を向けてもらおうと考えたからでもあります。

この対談集が形になるためには、仕事仲間の本多克己さんの力がなくてはならなかったのは従来と全く同じです。そしていつも応援して下さる神戸賀川サッカー文庫の仲間をはじめ、学校や神戸FCの皆様には今度もお世話になりました。改めて感謝を申し上げます。
また、今回はクラウドファンディングで多くの皆さんからご支援をいただいたことにもお礼を申し上げなければなりません。

出版社の苦楽堂の石井伸介社長の本づくりにかける熱意と見識には改めて感服させられました。長年、活字の世界で過ごしながら、今回改めて「本づくり」の難しさと楽しさを味わうことができたのは、石井さんのおかげでした。

皆さん、ありがとうございました。


「このくにのサッカー」はこちらからご購入いただけます。
書店では、5月17日以降にお求めいただけます。

固定リンク | お知らせ


神戸に引っ越しました。

2017/05/01(月)

神戸に引っ越しました。図書館もこれまでよりも近くなりました。

賀川サッカー文庫の仲間の皆様の厚意でベッドや机も入り、テレビも持ち込んでサッカーの試合も見ることができます。

少年時代に住んでいたのが神戸市葺合区熊内橋でした。私が軍隊に入っている間に空襲で焼けてしまった、かつての家があった神戸に90歳をこえて住むことになったのもありがたいことです。

昨年11月に芦屋からいったん大阪の柏原市に移り、神戸に戻ってきたので、短い期間の住所変更にともなう、いろいろな手続きをすることになり、そのたびに役所通いをしています。

住むところが決まって、ここ神戸での生活が何年続けられるかということになります。昨年12月29日の誕生日で満92歳になりました。これからもサッカーを観戦し、スポーツを語り、スポーツを書くことを続けられればとてもありがたいことと思っています。

固定リンク | お知らせ


« 2017年3月 | トップページ