« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

全員が最後まで戦いアウェーでオーストラリアと引き分け

2016/10/12(水)

アジア最終予選(Road to Russia)
2016年10月11日 オーストラリア/ドックランズスタジアム
オーストラリア 1(0-1)1 日本

――前半5分に日本は原口のゴールでリードした

賀川:ボールを奪ってから原口のシュートに到る過程が見事でしたね。

――日本陣内の左サイドで相手のパスを取った原口が内側の長谷部に渡し、長谷部が前方の本田にパスした。本田は左側を走り上がる原口の前方のスペースへパスを送り、原口はエリア内でGKラインと1対1になって、その右側(GKの左手側)を抜くシュートを決めた。

賀川:本田からのパスのタイミング、ボールの方向ともに申し分なく、原口は落ち着いて相手GKの構えを見て、シュートの方向を決めるところがテレビのリピートの映像でよく見えていた。

――見事な攻めとゴールでした

賀川:本田を中央のCFの位置に配した監督さんの狙いが当たった。

――この日の攻撃陣は左に原口、トップに本田、右に小林、そしてトップ下に香川を置き、山口と長谷部が支援する形となり、左DFは槙野、右は酒井高、守りの中央部は森重と吉田という不動の2人だった。

賀川:本田は日本のFWのなかでは体の芯が強く、彼のところでボールを止めることができる。もちろん得点力もある。これまで右サイドに配していたのを、この試合では中央へ持ってきた。

――それが最初のゴールにも生きたわけですね

賀川:1-0となったあと日本の攻撃回数は少し増えたが、全体としてはオーストラリアの方がボールを持つ時間が多かった。

――彼らも結構つないできました

賀川:オーストラリアは、今やいきなりロングボールを日本のゴール前へ送ってくるというのでなく、中盤でのボールの奪い合いからボールのキープを高め、左右からのクロスを送る、ときには中央突破もというやり方だった。

――ボールの奪い合いは互いに負けないぞという意志が見えていました。日本にもチャンスはあったのだが

賀川:26分から28分ごろに左からの攻めでチャンスがあった。本田のシュートがGKライアンの正面へ飛んだのもあった。サイドから崩しにかかって、もう一息だったのだが。

――前半の日本のシュートは3本、オーストラリアは5本でした

賀川:前半はじめにも日本が攻めたが6分に相手に攻め込まれたとき、エリア内で倒してPKを与えてしまった。原口が相手の後方から当たってしまった。

――ノーマークになっていたから、これはと防ぎに行ったのでしょうが

賀川:こういうピンチのときになんとかしようという気持ちはあって当然だが、エリア内のファウルはPKで、PKは試合の流れの中の相手のノーマークシュートよりも、なお失点になることが多いからね。

――U-16も立て続けにPKを取られて2-4で負けましたからね

賀川:こういうPKのときはゴールキーパーは先にヤマをかけて動きたいものだが、実際は先に動かないがいいと私は思っている。ビッグゲームでのPKを随分見てきた経験からそう思うのです。

――テレビの前で先に動くなと叫んでいましたね

賀川:でも結局は決められた。ゴールキーパーにとっても緊張する場面だが、相手のキッカーにも同じようにプレッシャーがかかるのですよ。

――そのうちにPK論をまたやってください

賀川:オーストラリアはこのゴールで元気づく。

――日本の天敵とも言うべきベテランのケーヒルも投入してきました

賀川:日本にもチャンスがあった。クロスを小林がヘッド、GKが防いでCKに逃げた。まぁこういうヘッドの強さという点になると私たち古いファンは60~70年代の日本のFW釜本邦茂を思い出してしまう。

――ヘディングがうまかった

賀川:足のシュートも正確ですごかったが、ヘディングはクロスの折り返しのヘッドでも、単に落とすだけでなく狙った仲間の頭上に合わせてヘディングできたからね。

――いまは長身選手も多い。ヘディングのゴールは大きな武器の一つだから、ずば抜けた長身でなくても空中戦で勝つことも大事ですね

賀川:2006年ドイツW杯の初戦でオーストラリアに敗れたのは空中戦からだった。

――日本は小林が倒れて一時は10人で戦う時間帯もあってハラハラした。清武を37分に(小林と交代)、浅野を本田に代えて(39分)送り込んだが、2点目を生むことはできなかった

賀川:アジアでも1、2と言われるオーストラリアとのアウェーで引き分けたのだから、まずまずと言えるかもしれないが、こういう試合で勝つ日本を見られればと思ってしまう。

――イレブン全員が最後まで戦い続け、ともかく勝ち点1を加えました

賀川:普通なら、まずまずと言いたいが、何しろこのチームは最終予選の最初にホームでの試合を落としているから、ずっと勝ち続けなければならない立場にいるのです。代表選手、代表チームというのは責任があって大変だが、このあとももう一段のがんばりを見せてほしいものです。若い選手も伸びてきているし、ヨーロッパ組も代表の環境に慣れて来れば、このあとの試合をいい状態で迎えることができるでしょう。

――――次は11月15日に埼玉でサウジとの試合です

固定リンク | 日本代表 | コメント (0) | トラックバック (0)


目いっぱいの戦いでイラクに勝利

2016/10/11(火)

アジア最終予選(Road to Russia)
2016年10月06日 埼玉スタジアム2002
日本 2-1(1-0)イラク

タイムアップ直前の山口蛍のペナルティエリアいっぱいからのシュートが、ゴール前の密集地帯を通り抜けてゴールに飛び込み、2-1。日本代表はワールドカップアジア予選の対イラク戦を制して一歩前進、11日には強敵オーストラリアとアウェーで戦う。

前半26分に右サイドから清武が本田からの縦パスを受けて、ゴールラインまで進み、右ポスト近くの原口にパス。原口がヒールキックしたボールは背後にいたGKハミードの足間を通ってゴールへ転がり込んだ。相手ボールを自陣で奪ったこのカウンターは、奪った清武のドリブルと、本田のパス。その本田がゆっくりキープする間に、清武が後方から右サイドを駆け抜けて本田からのパスを受けるというスケールの大きいパス・アンド・ゴーから、左から右ポスト際まで走り込んだ原口にパス。原口はこのボールを自分の股下で右足ヒール(かかと)に当てると、ボールは原口に密着するように構えていたGKの足間を抜けた。

このパスとドリブルを組み合わせた日本の1点目はそれぞれの選手の技術の高さと清武の長い疾走で生まれたビューティフルゴールとして歴史に記録されるだろう。

後半に入り、15分にFKからのアブドゥルアミールのヘディングでイラクに同点にされると、勝たなければならない日本は、当然攻めに出る。イラクは引いて厚く守りながら、時おり攻め上がりを見せる。

この日の日本のラインアップは、トップが岡崎、第2列に右から本田、清武、原口、ボランチが長谷部、柏木、サイドバックは右が酒井宏、左が酒井高。守りの要のCDFは吉田と森重、GKは西川だった。

前半はじめは、少しパスミスなどもあったが、時間経過とともに選手たちの調子が高まり、粘り強くボールを奪い合い、また運動量も多かった。もちろん相手のイラクは個々のボールをめぐる戦いに強く、相手をイラつかせる心理プレーもなかなかのものだが、日本側の勝とうとする意欲は、そうしたイラクを相手に衰えることはなかった。

日本は後半に山口(22分、柏木と交代)、30分に浅野(岡崎と交代)、36分に大黒柱の本田に代えて小林を送り込んだ。45分ごろからロングボールの攻撃が始まった。自陣からのFKでヘディングの強い吉田が相手ゴール前へ進出した。DFからのロングボールをエリア内で吉田がヘディングで落とし、浅野が飛び込んで場内を沸かした。46分に2本のロングボールがエリア内に落ちた。48分には山口から左へ長いパスが出て、吉田が左コーナー近くでこのボールを取り、イラク側のファウルでFKになった。

このFKがイラクの命とり、日本の貴重なゴールを生むことになる。左コーナーの内側2メートルにセットされたボールを蹴ったのは清武。9.15メートル離れた2人のイラク選手の横を通り、速い球でゴール前へ。GKの前3メートルあたりで両チームの選手がヘディングで競り合い、高く上がったボールがゴール正面、ペナルティエリアのラインのすぐ内側に落ちると、そこに山口がいた。しっかりした助走と的確な踏み蹴りで、山口の右足はボールが地面に届く前にボールをたたき、シュートはゴール左に吸い込まれた。

スローのリピートは背番号16が右足でボールを正確にたたくところを映し、ゴール裏からのカメラはそのシュートがジャンプした19番の下を通ってゴールネットに飛び込んでくるのを捉えていた。2-1となった後の2分ばかりの間に、イラクが攻撃に出たことに、彼らの意地を見たが、日本代表はそうしたイラクの粘りを突き放した。

試合後の選手の談話には、ホッとしたという言葉が多かった。山口には自分の誕生日のゴールだったが、「あのシュートはふかしてしまうことが多いが、うまく蹴れてよかった」と、控え目だった。

日本代表が持ち味のパス攻撃でなく、終盤にロングボールの力攻めを演じたことは、相手を疲れさせ、自らの士気を高める効果はあっただろうが、ゴールを生んだのは、左サイドからのFK、つまりサイドからのクロスボールということになるのが、サッカーの面白さだろう。テレビで見たAFC U-16選手権のイラクとの試合で、相手が闘志をむき出しにして戦いを挑んできたとき、日本にはその感じが見えなかったことがあった。(2-4で敗れた)フル代表は自らが「目いっぱいに」戦うという姿勢を見せ、それが持てる技術を発揮することになったのだろうと感じている。これもまた、この競技の面白さだろう。

90歳をこえて、こういう試合を見られるのは、誠にありがたいこと。監督さんや選手の皆さんに感謝したい。

固定リンク | 日本代表 | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »