« 日本スポーツの底力を見た400mリレーの銀メダル | トップページ | アラブの強国UAEに敗戦 »

PK戦に強いドイツのPK戦負け

2016/08/23(火)

リオのオリンピック・サッカー(男子)の決勝はブラジル対ドイツという好カード。1-1の同点のまま90分と、さらに15分ハーフの延長が過ぎてPK戦となり、ブラジルが5-4で勝った。

PK戦が主要国際大会で初めて登場したのは1976年の欧州選手権で、ベオグラードでの決勝の西ドイツ対チェコスロバキアで2-2の後、チェコがPK戦を5-3で制した。このPK戦で敗れた西ドイツ(ドイツ)は以来ユーロやワールドカップでのPK戦には常に勝ってきた。選手にもPK戦についての意識が強かったのだろうが、PKを蹴る選手のオーダー(順番)にも工夫が見られ、私の頭の中には「PK戦はドイツが強い」が定説になっていた。それが、リオの決勝でブラジルに敗れた。

このPK戦はドイツが先に蹴り、両チームとも4人目まで成功し、ドイツの5人目のニルス・ペーターゼンがGKに防がれ失敗。ブラジルの5人目のネイマールが決めて、5-4として金メダルを獲得した。

失敗したペーターゼンという選手についてはよく知らないが、彼のキックの前の所作を見ると、ボールをプレースして、シュートに入るまでの時間がいささか短いようだったし、シュートそのもののコースを相手GKに読まれていた上に、コースがGKのリーチの範囲だった。シューターの失敗といえるだろう。

相手の5人目の失敗の後を受けて、ブラジルの5人目はネイマールだった。5人目という、ひとつの「けじめ」となるキッカーにブラジルはチームで最も信頼のおけるネイマールを置いたのは常識的であっても、正しい判断だった。ネイマールは相手GKに自分のコースを読ませずに右足でしっかりと決めた。

取材で立ち会ったビッグトーナメントでの最初のPK戦は1982年ワールドカップの準決勝、西ドイツ対フランスだった。それ以来、PK戦のドラマチックな面白さはサッカーの試合中のゴールとはまた別の楽しみとなった。

今度のオリンピックサッカーの決勝を見て、改めてPK戦の面白味を皆さんと話し合いたいと思っている。

固定リンク | オリンピック | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PK戦に強いドイツのPK戦負け:

コメント

コメントを書く