« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

PK戦に強いドイツのPK戦負け

2016/08/23(火)

リオのオリンピック・サッカー(男子)の決勝はブラジル対ドイツという好カード。1-1の同点のまま90分と、さらに15分ハーフの延長が過ぎてPK戦となり、ブラジルが5-4で勝った。

PK戦が主要国際大会で初めて登場したのは1976年の欧州選手権で、ベオグラードでの決勝の西ドイツ対チェコスロバキアで2-2の後、チェコがPK戦を5-3で制した。このPK戦で敗れた西ドイツ(ドイツ)は以来ユーロやワールドカップでのPK戦には常に勝ってきた。選手にもPK戦についての意識が強かったのだろうが、PKを蹴る選手のオーダー(順番)にも工夫が見られ、私の頭の中には「PK戦はドイツが強い」が定説になっていた。それが、リオの決勝でブラジルに敗れた。

このPK戦はドイツが先に蹴り、両チームとも4人目まで成功し、ドイツの5人目のニルス・ペーターゼンがGKに防がれ失敗。ブラジルの5人目のネイマールが決めて、5-4として金メダルを獲得した。

失敗したペーターゼンという選手についてはよく知らないが、彼のキックの前の所作を見ると、ボールをプレースして、シュートに入るまでの時間がいささか短いようだったし、シュートそのもののコースを相手GKに読まれていた上に、コースがGKのリーチの範囲だった。シューターの失敗といえるだろう。

相手の5人目の失敗の後を受けて、ブラジルの5人目はネイマールだった。5人目という、ひとつの「けじめ」となるキッカーにブラジルはチームで最も信頼のおけるネイマールを置いたのは常識的であっても、正しい判断だった。ネイマールは相手GKに自分のコースを読ませずに右足でしっかりと決めた。

取材で立ち会ったビッグトーナメントでの最初のPK戦は1982年ワールドカップの準決勝、西ドイツ対フランスだった。それ以来、PK戦のドラマチックな面白さはサッカーの試合中のゴールとはまた別の楽しみとなった。

今度のオリンピックサッカーの決勝を見て、改めてPK戦の面白味を皆さんと話し合いたいと思っている。

固定リンク | オリンピック | コメント (0) | トラックバック (0)


日本スポーツの底力を見た400mリレーの銀メダル

2016/08/22(月)

リオデジャネイロオリンピックが終わりました。テレビ放送のおかげで、とても楽しい夏の日々でした。

日本のメダル数は、これまでの最多でした。それぞれの競技のコーチや選手たちの努力や進歩を示すものとして、お祝いしたい。そして、なにより私にうれしいのは、陸上競技の400mリレーで銀メダルを獲得したこと。専門家やメディアはリレーのバトンタッチの技術のうまさをその原因にあげている。その通りには違いないが、日本の4人の走者の実力が前回より高くなっていることを証明したことが、とてもよかったと思っています。

もちろん日本の短距離がアメリカや英国より上とまでは言いません。100mの決勝に進出できなかったことが、それを語っていますが、今度の400mリレーでの快挙は日本のスポーツ界全体に「速く走ろう」という気風を高めるものと期待しています。長いオリンピックとの付き合いで、私は日本が100mの世界トップクラスののランナーを持っている時には、サッカーにもまた足の速い、いいプレーヤーがいたことを知っているからです。

リオデジャネイロ大会の閉会式で、東京の新しい女性知事さんがリオの市長から五輪旗を受け取りました。これからいよいよ東京オリンピックに向かっての会場の準備に向かうことになります。

今から52年前、1964年の東京オリンピックのときに新聞社のスポーツ記者であった私は、60年ローマ大会が終わって、いよいよ「東京」だぞと、日本のスポーツ人の気分が高揚したのを改めて思い出します。

2020年の大会を自分の目で見られることができれば、いま91歳の私にとっては、とても幸せなことになります。今度の大会(といってもすべて、テレビ観戦ですが)があまりにすばらしかったので、つい欲が出てきたというところでしょう。

固定リンク | オリンピック | コメント (0) | トラックバック (0)


夏のオリンピック テレビ観戦

2016/08/15(月)

皆さん、テレビをご覧になっていますか。リオでのオリンピックは前半の体操、柔道などのメダルラッシュで盛り上がりました。

91歳の私は小学6年生のとき、1936年のベルリン・オリンピックの実況ラジオ放送を、わが家の電蓄(でんちく)- 電気蓄音機をこう呼んでいた -で深夜に聞いた覚えがあります。その内容については覚えていませんが、ガーガーという雑音の混じったアナウンサーの声を思い出しながら、80年後のいま、テレビの画面でさまざまのスポーツを、その全景から細部にいたるまで見せてもらっています。

1952年に産経新聞に入社してスポーツ記者となった私には、その年のヘルシンキ・オリンピックがジャーナリストとして出会った最初のオリンピックでした。特派員となった木村象雷(きむら・しょうらい)部長がタイプライターひとつを持って出発するのをかっこいいなと見送ったものです。以来、64年間、オリンピック大会は私には特別なものとなっています。

記者としてオリンピックを取材すること、そして特派員として海外のオリンピック大会に出かけることは、若いスポーツ記者にとっての願いでした。特派員の方は残念ながら機会に恵まれなかったのですが、オリンピック記者としての勉強を重ねたのを覚えています。
日本で一番盛んなスポーツ、野球はプロフェッショナルのセ・パのリーグがあって全国民に親しまれていますが、オリンピック大会の正式種目には入っておらず、今度のリオの大会でも開催されません。種目のほとんどは、野球やサッカーに比べると、日ごろ日本人の多くにはなじみの少ないものですが、それだけに試合の模様を丹念に画面に映し出すテレビ放送は多くの人をひきつけ、選手がそれぞれの国の国旗を付けたユニフォームを着て戦うのですから、応援に力が入ることになります。

サッカーも長い間、日本ではマイナースポーツだったのが、東京オリンピックで多くの国民が実際の国際試合を目の前で見たのが、今日の隆盛のもととなったのです。

そんなオリンピックの流れを思い浮かべながら、毎日のテレビを見る。ことさら暑いと言われ、年寄りは暑気あたりには注意しなさいと警告されながら、今年の夏は、誠にうれしいものとなっています。

固定リンク | オリンピック | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »