« 2015年の年の瀬 神戸一中・神戸高校サッカー部百年史 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2015年の年の瀬 テレビで見るフィレンツェと竹林の記憶

2015/12/31(木)

30日テレビをつけると、塩野七生さんがフィレンツェを歩いていた。同行の向井理というノッポの男性については知らないが、イタリアに住む塩野さんのイタリアについての随筆は1980年代にいつも新鮮な思いで読んだものだ。私自身は1960年のローマオリンピックの特派員として産経新聞から派遣されることが決まっていて、それが社内事情で取り消され、私ではなく別の記者が出かけたという苦い経験がある。オリンピック記者というのはスポーツ記者にとっての一つのステップであったから、相当なショックだった。1980年の欧州選手権に、例によって自費取材で出かけたのは、どこかにイタリアへの憧れが残っていたのだろう。

その欧州選手権取材の旅「わが内なるイタリア」(サッカーマガジン連載)は、今読み返してもはじめての欧州選手権取材とイタリアを旅する喜びが詰まっていたと思う。

テレビの画面でフィレンツェについて語る塩野さんの姿を見ていると、彼女がいるだけで、今のイタリア好きは幸福だと思ってしまう。

こんなことを書いているうちに、テレビの画面は京都の天龍寺を映し出した。玄関正面の「達磨大師」の画は何代か前の天龍寺管長、関牧翁(せきぼくおう)の筆であると見て取れた。牧翁はわが家の菩提寺である等持院の住職でもあって、よく存じていた。天龍寺の庭の説明やこの寺の建立のいきさつなどの解説していたのがアメリカ人であることもすばらしいが、彼の案内で嵐山の竹林を見せたのも心を打たれた。

私にはこの竹林にも強い記憶がある。1943年(昭和18年)それまでの徴兵猶予の法制が廃止され、学生たちが軍隊に入ることになった12月、兄太郎をはじめとする先輩や仲間が陸軍や海軍へいってしまった後、等持院を訪れ、ただひとりで竹林の道を歩いた。誰もいない竹林で、私は石を投げ、それが竹に当たって響く音を聞いた。

いずれ軍隊に入り戦場にゆく自分に、日本の音を記憶させておこうと考えたのだろう。73年前のことだった。

固定リンク | 近況や思い出 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/62974687

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年の年の瀬 テレビで見るフィレンツェと竹林の記憶:

コメント

コメントを書く