« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

コンフェデレーションズカップ ベスト4の戦い

2013/07/10(水)

――1次リーグが終わって4強はA組のブラジル、イタリア、B組のスペイン、ウルグアイとなって、ブラジル対ウルグアイ、スペイン対イタリアの準決勝となりました。

賀川:グループリーグでブラジルが強さを発揮した。それもネイマールという若いスーパースターの活躍があったから。大会は非常に盛り上がることになった。ブラジルにとってはウルグアイとの対戦にやはり苦戦した。

――1950年の第4回ワールドカップ、20万人収容のマラカナンスタジアムでウルグアイに逆転負けして優勝を逃したという苦い歴史がある

賀川:いまはどうだろうか。開業前のスタジアムを訪れた観光ツアー客はこの敗戦の物語を聞くことになっていましたからね。今度もウルグアイの固い守りに苦戦した。前半には相手のCKの時、ファウルがあってPKを取られ、フォルランのPKをジュリオ・セーザルが止めたからよかったが、これで先制されていれば、もっと難しい試合になったかもしれない。

――南米勢は互いにホールディングやシャツプリング(シャツをひっぱる)といった手を使う反則が巧みで、トリッピングやアフタータックルなど限界一杯で渡り合うから1対1での優位はほとんど中盤では消し合ってしまう

賀川:その1対1の優位をどこで出すかとなれば、やはりゴール近く。ここではファウルはPKになることは自分たちも経験している。前半の41分にネイマールが生み出したチャンスはまさにそれですよ。

――左サイドでボールを奪ったネイマールが内にドリブルして、中央左よりのパウリーニョにパスをした。そのまま前方へ走り出したネイマールの前へパウリーニョが高いロングボールを送る

賀川:ネイマールはペナルティエリア内に走り込み、落下点でジャンプして胸のトラップ(肩に当てたようだった)で前へ落とし、2人の追走を受けながらゴールエリア左角を過ぎ、左ポスト手前で右足のアウトサイドでタッチ

――飛び出してきたGKムスレラの上を越そうとしたが、ムスレラの体に当たって内側へリバウンド(ゴール前へ)した

賀川:そのボールをブラジルのフレッジが狙っていたのだろう。勢いよく走りこんで、右足ジャンプキックで叩いた。正確に叩けずに右足アウトサイドでかすったという感じだったがボールはゴールへ入っていった。

ネイマールというストライカーは、王様ペレ以来の右足・左足でボレーを決められるストライカーですよ。ボールタッチに非凡の素質がある。いわば、ペレ、マラドーナ、メッシの系列に入るボールプレーヤーで、しかも両足でシュートできる選手といえます。日本戦の1点目の右足ボレーや、メキシコ戦でのクロスのリバウンドボールを決めた左足ボレーは、彼の左右の両足でのシュート能力が非凡であることの証明でしょう。

――賀川さんはペレが右と左のボレーシュートを決めるのを生で見た?

賀川:1970年にサントスと来日した彼はサントスの3ゴールのうち2点目を右で、3点目を左で、ともにボレーで決めた。どちらも自分で仕掛けて、ボールを浮かせて抜いてのシュートでネイマールのシュートとはちょっと違うが、利き足の右はともかく、そうでない左でもボレーシュートがきちんとできるというところがペレ以来というわけです。

――ボレーシュートはペナルティエリアいっぱい、いわば中距離シュートでした

賀川:ついでながら、大きな大会でのボレーシュートは、その美しさや、威力のすごさで長く語られるもの。74年ワールドカップの西ドイツ対スウェーデンでスウェーデンのエドストロームがエリア外からすごい右ボレーシュートを決めた。そう、88年のEURO決勝でオランダのマルコ・ファンバステンがエリア内右側からボレーシュートを決めて一躍世界のストライカーの一人となった。

――日本の李忠成がアジアカップ決勝でビューティフルなボレーシュートを決めましたね

賀川:彼にはその次の勲章が必要だったのに…
それはともかく、ネイマールは両足でボレーをしっかりインステップで蹴って狙ったところへボールを送り込むのだから、それぞれの立ち足のバランスが良いことになる。ここに彼はドリブルで右へも左へもボールを運び、体を動かしていくという点との結びつきもあると思う。1メートル74センチとペレよりは背は高いが、いまの選手としては大きい方ではない。スリムな体つきから弱々しく見えるが、バネがあり、2011年の来日の時にも、昨年の対戦の時にも、高いボールに対する感覚の優れていることにも感心したものです。

――このチャンスにも、後方からのロングボールを、先に自分が落下点へ行き、先に体でコントロールした

賀川:ペレにもジャンプ力があって、ヘディングも上手だったし、空中のボールの処理も優れていた。彼もペレと同じように17歳ごろから注目されていた。

――その期待の大きさの割にメディアやファンから、時に非難され、辛い批評もあったらしい

賀川:2011年にトヨタカップで来日し、彼とサントスがバルサに完敗した時に、この素材がいつ人を喜ばせるのか…と思ったものだが、とうとうという感じになった。

――後半にウルグアイに同点にされたブラジルは、86分に決勝ゴールをあげたが、ネイマールのCKからだった

賀川:ネイマールはFK、CKのキッカーとしても、すでに実績はある。特に右足CKの時にはファーポストへ直接曲がって入るキックで知られているそうだ。

――それが今度の決勝点に結びついた

賀川:彼のような体つきの今の日本選手なら、CKの場合ニアポストなら狙ったところへゆけるが、ファーポストは難しいのが普通ですよ。ところが彼はファーポストにもコントロールキックでゆけるらしい。そしてうれしいのは、高さの調整がしっかりできることです。この対ウルグアイの決勝ゴールを生んだ左CKも右足で蹴って高く上げ、ファーポスト手前で落下した。後方の外にいたパウリーニョは助走もジャンプもパーフェクトでヘディングした。ネイマールのこういうキックを見ると、ブラジル人のキックに対する気持ちの入れ方、あるいは、懲り方が今の日本のプレーヤーよりも強いような気がします。

固定リンク | 世界のサッカー | コメント (0) | トラックバック (0)


FIFAコンフェデレーションズカップブラジル2013 日本-メキシコ

2013/07/08(月)

――ブラジルやイタリアというワールドカップ優勝国はともかく、メキシコには勝てるかもしれないと思っていましたが、3敗目となりました

賀川:3連戦の最後、相手もそうだがチーム全体に疲れが重なっている時です。イタリアとの大接戦で力を使った日本は動きの量が落ちて当然ですが、この試合も本田圭佑と長本佑都の2人のコンディション不十分が響きましたね。

――体調の問題は、この大会はじめからでした

賀川:今の日本代表は、まず「ひたむき」に走ることが彼らの技術・戦術を生かせる前提になっています。しかし人は年がら年中ひたむきに走り続けるわけにはゆきません。こんなことはもっとレベルの低かった70~90年前から言われていることです。イタリア戦でも、あの暑さのなかで、イタリアは時に「ひと息」入れながら試合をしていた。そして、ここぞという時にはパンチ力を集中しました。

――メキシコ戦でもその傾向がありました

賀川:前半の序盤は日本の方が攻めてパスがつながり、香川、本田、遠藤たちを中心にチャンスをつくった。岡崎は守りの面、相手のボールを奪う面でも、イタリア戦と同様にとても貢献しました。

――前半10分までに惜しい場面が2度、香川真司がペナルティエリア内でのシュートを防がれたのが最初、遠藤保仁のシュートを岡崎がタッチして方向を変え、ゴールに入ったがオフサイドだったのが2つ目

賀川:25分にも、本田が左でシュート。これはペナルティエリアいっぱいからだったが、、GKに防がれましたね。そう、彼や香川の空振りもあった。

――いいチャンスを作っても、点を取らなければなんにもならない、と真司くんも言ってますが

賀川:パスをつないで見事に攻め込んでいるようだが、最後のシュートの場面でボールを受けるときに相手の守る側から見れば意外性はなくて、ボールの動きもシューターの動きも見えているはず。だから防ぎやすい。

――というと

賀川:ボールを動かすスピードやそれとともに動く日本選手の動作が同じ調子に見えました。

――一本調子という記事もあったかな

賀川:それとラストパスがサイドからでないから、相手DFもマーク相手とボールを視野に入れているのと違うかな。

――ふーむ

賀川:日本の攻撃でなく、メキシコの先制ゴールを見ると。

――後半9分、左サイドのグアルダドのクロスをニアでエルナンデスがヘディングで決めました

賀川:前半の中ごろからメキシコのボールポゼッションで、30分からの15分間に5本のシュートがあった。後半もメキシコの圧迫が続いて4分ごろから5分間、日本側はゴール前に釘づけ状態になっていた。左から右から攻め込まれ、エルナンデスのシュートを酒井宏樹が足で防ぎ、ドスサントスの右から内へ長友をかわしてのシュートは細貝萌が頭で止めるなど、ピンチを防いだ。このゴール前攻防からいったんボールがメキシコ側後方でのキープに変わり、そこからCBレイエスが高く長いパスを左サイドへ送ったのが8分0秒、ハーフウェイラインから45メートルの左タッチライン際でグアルダドはジャンプして左足タッチでボールを足元に置いた。(1)酒井が間合いを詰めてくると(2)グアルダドは左足アウトサイドでボールを前に押し、そのままクロスを蹴る体勢に入る(3)彼が左足で蹴ったボールは、止めようとした酒井の左足を越えてゴール前へ飛んだ(4)このクロスのスピードに合わせて第2列からスタートしたエルナンデスがGK川島の前でジャンプヘディングし、ボールはニアポストいっぱい、ネットに飛び込んだ。

――それまでパスをつないで、あるいはドリブルを交えて、サイドから崩してシュートに来たのが、一発のロングパスとその直後の早いタイミングのクロスとテンポをきた

賀川:そういうこと。ペナルティエリア近く、あるいはエリア内に侵入してきたのが、長距離からのクロスにした。しかし酒井を抜いてから蹴るのではなく、相手DFを前に置いてのクロスだった。

――日本側の対応は

賀川:グアルダドがボールを受けたのは、ペナルティエリアの横のラインの延長上、つまりゴールラインから16メートル50のところでした。このとき日本は右の酒井がグアルダドに、中央を今野泰幸、その右を栗原勇蔵、左に長友がいた。

――クロスを蹴った時は

賀川:グアルダドはフェイントを入れてクロスを蹴った。テレビの計時では8分8秒だった。グアルダドがボールを受けた時には、ペナルティエリアのなかにヒメネス、外の右側にサバラ、左よりにエルナンデスがいた。グアルダドがキックの動作に入るところでエルナンデスはスタートし、ボールが酒井の足を越えたときには栗原の方へ動いていた。日本のDFの目はボールに注がれていて、後方から走りこんでいるエルナンデスをとらえていなかった。

――川本泰三流に言えば、消えていた位置からあらわれた

賀川:エルナンデスは得点能力で知られているFWだから、当然マークしているはずだが、試合の流れのなかで後方にいて、それが速攻に切り替わって瞬間にそれにあわせてあらわれてきたということでしょう

――ヘディングの能力に自信があるにせよ、攻撃の変化という点で相手が上だったと

賀川:そういうことになりますね。しかも外から来るボールには、シューターは合わせやすい。シンプルな早いクロスをニアであわせた彼らの勝ちです。

――そういえば2点目もエルナンデスのヘディングでした

賀川:後半21分の右CKでした。日本は吉田麻也(前田遼一と交代)を入れた。

――3・4・3にしたのですかね

賀川:CKを蹴るのは右サイドのドスサントス。小柄でドリブルがうまく、長友も彼のためにいつもほど攻撃に出られなかった。

――彼のキックは一番近くへ走りこんできたミエルの頭にピシャリと合った。彼はバックワードへのヘディングでファーポスト側へ送り、そこにエルナンデスがいた。酒井に代わって入っていた内田篤人が、判断が遅れたのを悔やんだという記事も読みましたが

賀川:まさにセットプレーそのものですね。最初にニアでヘディングしたミエルにしても、はじめからそこにいたのではなく、右ポスト側の後方から斜めに走ってゴールエリア一杯(ゴールポストから5メートル50)で頭に当ててボールのコースを変えたのです。そのボールに対して、エルナンデスは初めはゴール正面にいたのをいったん後方に下がってボールの高さを見極め、体を寄せていた内田から離れてジャンプヘディングしています。マンチェスター・ユナイテッドのストライカーらしいプレーですね。

――セットプレーは日本代表の得意な攻撃のひとつですが、この場面はメキシコ側の息がピタリと合いましたね

賀川:飛んでくるボールの高さや速さを見極める「未来位置の予測」の確かさといえるでしょう。

――メキシコとも差がないようであったというわけですか…

賀川:嘆くことはありません。日本だって進化しているのだから…こちらが追い上げたゴールは、遠藤が右へ出て、そこへ香川からのパスがわたり、遠藤のクロスを岡崎が決めました。自分たちの個人能力をもっと高め、それを結び付ければいいわけです。もちろん今出場しているメンバーだけでなく、自分にもこれくらいはできると思っている選手もいるでしょう。そういうプレーヤーは自分が何ができるかを国内、国外の試合でアピールし、代表の舞台でも発揮できるようにすればいいのですから。

――岡崎や本田、そして香川をはじめそれぞれのここについても機会をみて話し合いましょう

固定リンク | 日本代表 | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »