« 1936年、JFAの代表選考に関西が異議を唱えたという昔の話から | トップページ | オーストラリア戦を振り返って~仲間の協力で本田、香川の力をもっと引き出す »

ワールドカップブラジル アジア最終予選 オーストラリア戦

2013/06/06(木)

――スゴイ試合でした。あと10分のところで先制されて、追いつき、同点引き分けにしました。

賀川:日本はこれでB組で4勝2分1敗で勝ち点14、残りのイラク戦を残してB組の1位が確定し、5大会連続出場となった。5日の朝に流政之(ながれまさゆき)さんから電話があって「すごい試合だったな。よかったな」と喜んでくれた。89歳の世界的な石の彫刻家もテレビの前で応援してくれていたらしい。日本中に関心が高まっていました。埼玉スタジアムの入場者が6万2172人で入場券の申し込みは60万人をこえていたそうです。

賀川:盛り上がっている時に、本番出場を決めることはサッカー発展のためにも大事なことですよ。埼玉で予選突破の瞬間を味わった人にとっては、人生のとてもいい経験になったと思います。

――選手たちは喜びのなかで、これからのレベルアップに取り組むことが大切と言っていましたね

賀川:ブラジルのワールドカップ本番で、上位へゆくにはもっとチーム力を上げなければならないし、個人技術も体力も判断力も高めなければならない。そのことは選手たちがよく知っています。

――試合を振り返ってください

賀川:本田圭佑と岡崎慎司が合流したので、久しぶりにレギュラーメンバーが揃いました。GKは川島永嗣、4DFは右が内田篤人、左が長友佑都、CDFは今野泰幸と吉田麻也、MFが長谷部誠と遠藤保仁をボランチに、トップ下に本田、右に岡崎、左に香川真司、ワントップに前田遼一をもってきました。

――いろいろ試していたようだが結局はこれまで通りのメンバーでした

賀川:監督から見れば、一番頼りになる組合せでしょう。予想通り日本は本田を軸に短いパスをつないで展開し、オーストラリアは先端のディム・ケーヒルを中心に、時にサイドを使って攻めようとしてきました。日本の攻めに対してはペナルティエリアのなかには、5~6人がもどってきました。1週間前に来日してコンディションもよいようでした。日本側では、さすがに直前に戻ってきた本田と岡崎がベストとは言えなかったが…

――後半の35分までは0-0でした。ブルガリア戦や、予選のヨルダン戦で0-2、1-2と2点取られていたから心配する人も多かった

賀川:サッカーのようなスポーツでは、まず気構えが大切。ブルガリア戦は「キリンチャレンジカップの楽しみ」のところで指摘したように、戦う姿勢が見えない選手がいた。この日はピンチにも「体を張って」とアナウンサーがよく言うプレーもありました。

――内田が相手のシュートを2度体で止めた。あとで腹を押さえていたのもあった。ケーヒルのシュートを吉田がスライディングで止めた場面はテレビの前で拍手しましたよ

賀川:178センチと大きくはないが、ジャンプ力があり、空中戦に威力を発揮するケーヒルを今野がしっかり防いでいた。バネのあるケーヒルは空中戦だけでなく、瞬間的な早さでこれまで日本戦で点を取ってきましたからね。

――前半には相手の右のオープンスペースへボールが出て、ダッシュ競争で遠藤が振り切られてロビー・クルースがノーマークでシュートした。GK川島が飛び出して、ファインセーブ(右手に当てた)して救ったが

賀川:この場面でも遠藤はスピードの点で気の毒だったが、それでもいったんコースに体を入れようとしていた。やられても粘ろうとしていました。

――ブルガリア戦で「ぶれダマ」FKで失点した川島が、このファインセーブでいいところを見せたのに、後半36分にトミー・オアーのハイ・クロスが予想外に伸びてゴールに入ってしまった。ザッケローニ監督は「偶然のような形」という表現で川島をかばっていました

賀川:ゴールキーパーは守りの最後の責任者ですからね。僅かな時間だったが、目測を誤ったことは間違いないでしょう。野球の外野フライで、目測を誤ってヒットになることもあるが、川島自身には悔いが残るでしょう。このあとPKの得点が生まれたのは川島のためにもとてもよかったと思います。

――まあ反省はしても、引き分けとなったのだから、後々にしこりみたいに残っては困りますからね

賀川:ただし、この偶発的なクロスも、両チームで一番若いオアーが左サイドで日本側3人を相手にドリブルしてペナルティエリア左外から蹴ったボールです。

――つまり、相手の若者に個人突破のクロスキックを許したということになるわけ

賀川:オーストラリアの選手は個人能力が高い。それを押さえることがこの試合のテーマのひとつだった。

――次にPKについて聞かせてください。試合中のPKでも、大会などでのPK戦でも、キッカーの気持ちの強さが出る場面が多いですね

賀川:本田が正面に蹴った時にはゴールキーパーは右へ飛んでいた。サイドネットで決めるという定石どおりではなかったけれど彼の勝負強さがあらわれた結果でしょう。

――最後まで緊張感の続いた93分はこのPKで1-1。日本はブラジル行きを決めました。この試合でまたPKが話題になるでしょう

賀川:野球というスポーツで停止球から始まるプレーについては理解しやすい人も多いですからね。特に近頃は高校選手権のようなノックアウト方式の大会でのPK戦がありますから。

――それについて旧制中学のせんしゅのころからPKのキッカーだった賀川さんの話を聞きたいが、ここは日本のあれだけ上手な攻撃で結局PKの1点だけだったことについての話を聞きたいです。


続く

固定リンク | 日本代表 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/57536265

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップブラジル アジア最終予選 オーストラリア戦:

コメント

コメントを書く