« 80年前の先輩たちの心意気 | トップページ | ハーフナー・マイク起用の効果 W杯アジア3次予選 vs北朝鮮(上) »

NHKサンデースポーツ「ベルリンの奇跡」、いい番組をありがとう

2011/08/30(火)

――8月14日(日)夜のNHKサンデースポーツ「ベルリンの奇跡」見ましたよ。なかなか良かったですね。賀川さんも画面に登場しましたね。

賀川:突然、老人の顔が出て、見ている人はビックリしたのじゃないかな(笑)。終戦の8月15日前夜の番組として、1936年ベルリン・オリンピックの奇跡的な対スウェーデン逆転劇と、そこで活躍した何人かの選手たち、いわばいまの代表の先輩が戦争で生命を失ったという悲しいエピソードは、いま平和で、しかもサッカーが盛んになっているときに、多くの人の胸を打つ話でしょう。

――そのベルリンの戦いぶり、体の大きなスウェーデン選手を相手に小柄な日本選手が戦うという構図は、なでしこジャパンのワールドカップでも、また、SAMURAI BLUEの男子代表にも当てはまりますからね。賀川さんのアドバイスですか?

賀川:これまでに書いたものを読んでもらえれば理解できることでしょう。番組ディレクターのHさんがとても熱心で、戦死された松永行さん、シベリア抑留中に亡くなられた竹内悌三さんたちのこともずいぶん丁寧に調べておられたハズです。時間の都合で予定よりは短い放送となったらしいけれど、しかし短いなりにピシッと決まっていましたよ。

――日本代表の長谷部誠の案内役も良かった。

賀川:そう、彼の誠実な人柄が出ていて、先輩たちへの敬意も画面から伝わってきましたよ。ディレクターがドイツにいる彼に依頼したこと、その彼が引き受けてくれたことがまずとても良かったね。
 まあ、ベルリンについてはその6年前の1930年極東大会での日本代表の組織的サッカーの確立ということもあり、歴史を調べればまだまだ色々な話も出てくるのですが、いい放送でした。長谷部キャプテンにも番組の関係者にもお礼を言わないとね。

固定リンク | 素晴らしきサッカー仲間たち | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/52606083

この記事へのトラックバック一覧です: NHKサンデースポーツ「ベルリンの奇跡」、いい番組をありがとう:

コメント

コメントを書く