« 75年前のゆかりの地で“なでしこ”が大金星 ~女子W杯~ (下) | トップページ | おめでとう、なでしこジャパン »

U-17のベスト8進出

2011/07/14(木)

FIFA U-17 ワールドカップ・メキシコ大会 2011(6月18日-7月10日)
1次リーグ
 日本 1-0 ジャマイカ
 日本 1-1 フランス
 日本 3-1 アルゼンチン
ラウンド16
 日本 6-0 ニュージーランド
準々決勝
 日本 2-3 ブラジル

――メキシコでの17歳以下のワールドカップで、日本が準々決勝まで進みました。ブラジルに敗れましたが、0-3から2-3まで追い上げ意地を見せてくれました。

賀川:今度のU-17や女子のワールドカップで世界と戦う日本代表を見ると、日本サッカーの歴史の流れをより広い舞台で、よりレベルの高いところで眺める気がします。
 U-17といえば、昔でいえば旧制中学校(小学校を卒業して入学する5年制)と同じ年頃。いまサッカーマガジンで連載中の「日本とサッカー 90年」はちょうど1936-40年の戦前、それも中学校の全国大会について書いているところです。
 昔の中学校のチームは年齢の2歳上の師範学校(小学校の先生を育成する学校)と試合をしていたので、勝つためには自然に体格差、体力差をどう克服するかを考え練習した。それが1930年の極東大会(対中華民国)1936年のベルリン・オリンピック(対スウェーデン)などで日本代表が体の大きい外国チームとの試合でも発揮されるようになった――というのが日本サッカーの歴史なのです。

――日本はまずジャマイカに1-0で勝ち、フランスと1-1で引き分け、アルゼンチンを3-1で破って16強に。さらにニュージーランドを6-0で倒してベスト8に進み、ここでブラジルと戦いました。

賀川:ブラジルに先に3ゴールを奪われてしまった。2ゴールを返したのは立派だったが、ブラジルは3点取って安心して動きがガタンと落ちていた。そこを突いたのは素晴らしい。しかし同点にするか4点取るかでなければ負けは負け。

――まあ、実力は向こうが上でしょう。

賀川:強い相手と戦い体力勝負に持ち込むのも一つのやり方だが、それでゆくなら失点を少なくしなければ勝つのは難しい。しかし、将来性のあるU-17がいい経験を積んだことに期待したいネ。

――なんといっても、メキシコでの試合を見ると高度や暑さ、ピッチの状態など様々な問題もあったなかで、です。

賀川:難しい環境のなかで頑張った経験は、選手たちのプラスになるだろう。1次リーグのジャマイカ戦のとき、暑さで両チームの動きが鈍ってゆくのを見ながら、とても「しんどい」なかでよくやるなと思ったものですヨ。ボクたちも、日本の夏の試合の苦しさを経験しているからね。

――だからこそ、技術力のアップが必要だと?

賀川:そう。トラップミスやパスミスをすれば余計な消耗をする。頑張ることは大事だが、暑いなかでも正確な技を発揮できるだけの力をつけるのが何よりでしょう。U-17のベスト8進出や女子の大活躍など世界の舞台での活躍を見ると、日本もいよいよ世界のサッカー国に仲間入り――といえるでしょう。指導に関わる人たち、少年・少女の育成に力を尽くす人たちの努力に改めて感謝したいね。

――フェアプレー賞を受けました。

賀川:メキシコでは1968年のオリンピック銅メダルのときに初めて制定されたフェアプレー賞を受賞した。40年以上前のことだが、こういう伝統は守ってほしい。決勝のメキシコ対ウルグアイはいい試合であったが、いささかボクには嬉しくないファウルも少なくなかったからネ。サッカーのためにも、日本がフェアプレーでゆくのはいいことですヨ。

固定リンク | ユース/高校 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U-17のベスト8進出:

コメント

コメントを書く