« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

サンスポ時代の仲間たち

2011/05/31(火)

110531sanspo


 大阪サンケイスポーツ新聞の古い仲間のフォトです。第2列の左から3人目に長尾幸太郎さん(ながお・こうたろう、1975年から大阪代表)の顔があるので、74年か75年の集まりでしょう。

 中央(長尾さんから右へ2人目)が私の師匠であり、大阪でサンケイスポーツを発刊した初代編集長・木村象雷(きむら・しょうらい)さんです。
 1928年アムステルダム・オリンピックの水泳日本代表で、早大卒業後、スポーツ記者となり、同盟通信記者のときにベルリン・オリンピック特派員。戦後は産経新聞で、ヘルシンキ(1952年)メルボルン(1956年)ローマ(1960年)と、オリンピック3大会を特派員として取材した、文字どおりの“大記者”。1952年に入社した私が、新米記者のときに木村さんのような優れた記者で部長の下で働いたことは、まことに幸いだったとと今も感謝している。

 ここにいる仲間の多くは自らも若いときにスポーツに打ち込んだ人も多い。前列左端の今木二郎(いまき・じろう)さんは戦前の市岡中学・早大・満鉄(南満州鉄道の野球部があった)で知られた二塁手。その右隣りの南卓(みなみ・たく)さんは明大で秋山登投手と同世代。その後ろの列の左から2人目、丸岡邦康(まるおか・くにやす)は甲陽中学で別当薫(べっとう・かおる)とともに戦前の甲子園で活躍した等々。

 ほとんどは向こう岸にわたり、私と何人かが今もサンスポOB会でときどき顔を合わせている。

固定リンク | スポーツ全般 | 素晴らしきサッカー仲間たち | コメント (0) | トラックバック (0)


強い体と強い心で歴史に残るMF八重樫茂生≪中≫ ~パーチョンを偲んで(2)~

2011/05/18(水)

110517yaegashi_2
1956年メルボルン五輪予選、対韓国・第2戦のあと
抽選で本大会出場が決まり、歓喜の代表チーム
中央、メガネをかけているのは川本泰三コーチ



――メルボルン・オリンピックは早大在学中でしたね

賀川:1956年のメルボルン大会は南半球だから、本大会は12月、アジア予選は6月で相手は韓国だった。日本代表は1954年の第2回アジア大会のあと、戦中・戦前派から若手に切り替えて鴇田正憲岩谷俊夫(ともに第2回殿堂入り)とを残した。ボクが選手・八重樫のプレーを見たのはこのときが初めてだった。
 第1戦は、彼はCF(センターフォワード)だった。右前への大きな動きとそのあとのクロスで得点を生み出している。この試合は2-0で勝ったが、一国開催、同じ後楽園競輪場での第2戦は0-2で敗れた。内野が負傷して10人同様で(編集注:当時は交代がなかった)戦ったからね――。合計得点が2-2となり、延長戦は0-0。この延長戦で八重樫が持ち上がってシュートしてゴールしたのを、トロンケというフィリピン人の主審が韓国側のアピールを聞き、線審に確かめてオフサイドの判定にした。まあ最終的には抽選で日本が出場権を得たのだが……

――延長でも八重樫さんは頑張る力があったのですね

賀川:内野のケガで10人と同じ状態で、彼は攻守に動くことになったが、それでも気力をふりしぼってシュートまで持っていった。

――せっかく韓国から勝利をもぎ取ったけれど、本大会では1回戦で敗れました

賀川:この予選と本大会では川本泰三さんが監督をしていた。まあ選手たちは、今のように幼少期からボールに慣れているのと違って、まずボール扱いは上手ではなかった。走って頑張って、素晴らしい精神力で韓国に勝った。メルボルンではオーストラリアにノックアウト・システムの初戦で敗れた。0-2だった。

――相手は開催国だし体も強い。日本には勝たなければいけないと燃えていたでしょう

賀川:日本は大会直前に現地でユーゴなどと練習試合をして、まったく技術に違う相手との対戦で調子を狂わせた。そこへオーストラリアがラフプレーで日本選手を潰しに来た。八重樫は腫れあがるほど足を蹴られたという。まあそれをかわす術(すべ)も知らなかったのだから……。
 ボクはそのとき、相手を背にするプレーや半身(はんみ)で受けるプレーができていない彼は、CFよりもインサイド、つまりMFの方が適任だと思っていた。

――何といっても点を取れる選手が少ない頃でした

賀川:釜本(邦茂)が出現する前だからね。一人、いいCFの候補がいたけれど、結局代表に入らなかったこともある。

【つづく】

固定リンク | 素晴らしきサッカー仲間たち | コメント (0) | トラックバック (0)


強い体と強い心で歴史に残るMF八重樫茂生≪上≫ ~パーチョンを偲んで(2)~

2011/05/17(火)

110517yaegashi
戦後初の訪韓のとき、日本代表チームと韓国側役員。
左から李時東(元韓国サッカー協会理事長)八重樫茂生、工藤孝一副団長、一人おいて川淵三郎、宮本征勝、裵宗鎬



――週刊サッカーマガジン(5月24日号)に、八重樫さんの追悼文を書いていましたね

賀川:亡くなったという知らせを聞いたときは大きなショックだった。一時、調子が悪いといっていたのが、良くなったと聞いていたからね。マガジンの国吉(好弘)さんにいわれて原稿を引き受けたのだが、いろいろな思いが重なって筆の進みは遅かったね。記者という立場からゆけば、このブログでももっと早く何か語るべきだったのだが……

――MF(ミッドフィルダー)として古河電工でも代表チームでも活躍しました

賀川:体が強くて運動量が多い、断然上手いというのではないが右でも左でも蹴れた選手。ドリブルで持ち上がり、ちゃんとシュートして点を取れた。

――足は速かったのですか?

賀川:格別速いわけではなかった。体も、強いが固い感じだった。身長もそれほど高くはなく171センチ(※「日本サッカーリーグ年鑑'68」参照)、当時でいえば普通サイズだ。

――とすると、努力

賀川:まず、負けず嫌い。「始めた以上、人に負けないぞ」ということだろう。まあ、最も大切な素質の一つだろう。それに体が強かったから、チームの練習の後でも自分の時間があればボールを蹴っていたらしい。

――早大の先輩の川本泰三さん(1936年ベルリン・オリンピック代表)にも、自分一人での練習の伝説があります

賀川:川本さんは、私にいわせると、少年時代からボールタッチに特異な才があった。いまの選手なら小野伸二のようにボール扱いがズバ抜けていた。その代わり体が弱かった。それが早大の予科(高等学院)時代の猛練習で強い体になった。八重樫はむしろ体の強さが資本だったハズですよ。

――体の強さ、ですか

賀川:スポーツをするのに、体が強いということはとても大切な資質です。その丈夫な体で努力を惜しまないという心の強さが彼の上達を早め、歴史に残るMFとなった。

――指導者にも恵まれたそうですね

賀川:盛岡中学(現・盛岡一高)でサッカーを始め、2年生のときに第29回全国高校選手権(1951年)に東北代表として西宮での本大会に出て1回戦で敗退した。そのころ関西では岸和田高校が強く、平木隆三(メキシコ代表コーチ)がいた。小田原高校(神奈川)には内野正雄(メルボルン五輪代表)もいた。

――賀川さんはそのとき八重樫さんを見ました?

賀川:ボクは新聞社に入る前で、取材はしていない。しかし、レフェリーで役員をしていた。試合の割り当ての関係で盛岡の試合は見ていないから、高校生の彼とはスレ違いだった。
 八重樫はこの盛岡時代に、盛岡中学の先輩であり日本代表や早大のコーチ、監督であった工藤孝一さん(1909-1971年)の教えを受けた。ベルリン・オリンピックのコーチを務めた工藤さんは八重樫の素質を見抜いて、この年5月に仙台で開催された天皇杯に彼を含む全盛岡というチームを作って出場している。目的は試合をするだけでなく、レベルの高いサッカーを八重樫少年に見せることだった。

――そういえば、川本泰三さんの「名人と語ろう」というシリーズの第1回目、八重樫さんがゲストの回でその話が出ていますね

賀川:工藤さんは盛岡の後輩が将来大きく伸びるためにそんな工夫もしたのですよ。その工藤さんは、早大の仲間である川本さんのことをよく後輩に語っていたらしい。

――八重樫さん、高校を出ると中央大学へ進んでいます

賀川:最初、中大に入ったが、2年後に早大に転校した。工藤さんが盛岡から上京して監督をするようになった早大は、彼を中心に関東大学リーグで3回連続で優勝する。

【つづく】

固定リンク | 素晴らしきサッカー仲間たち | コメント (0) | トラックバック (0)


12年間にわたりオリンピックに3回出場、銅メダルチームのキャプテンを務めた不屈の男・八重樫茂生 ~パーチョンを偲んで~

2011/05/16(月)

――八重樫茂生(やえがし・しげお)さん……あの1968年メキシコ・オリンピック銅メダルの日本代表チームキャプテンが5月2日に亡くなりました。八重樫さんのことは何度も書いておられますが、改めて、その功績を語り、プレーや人柄を偲びたいと思います。

賀川:日本のサッカー史のなかに大きな足跡を残した人ですヨ。代表チーム史上最大の功労者の一人――といって良いだろうね。

――56年のメルボルン大会、64年東京大会、68年メキシコ大会と12年間に3回のオリンピックに出場しています。

賀川:FIFA(国際サッカー連盟)が主催する最高の大会はワールドカップであることはよく知られているが、オリンピックはある時期、ほとんどのスポーツの最大の目標だった。そして世界でもオリンピック大会は権威があり、その大会に出場する、あるいは大会で勝つということは選手たちにとっても大きな実績だった。

――オリンピック・サッカーに3回出場の八重樫さんはすごいというわけですね。

賀川:1988年ソウル以後、U-23という年齢制限ができたから、サッカーではオリンピックに何回も出場するということは現在ではほとんど無くなっている。そういう制限の無かった時代でも、3回出場というのは世界で18人、そして12年間にわたっての本大会参加は世界で8人だけという記録がある。彼の長い選手人生のなかでの立派な勲章ですヨ。

――オリンピックで日本はアマチュア時代に1936年、56年、64年、68年と4回の本大会参加。U-23になってからバルセロナ大会(92年)は予選敗退で、このあとのアトランタ(96年)シドニー(2000年)アテネ(2004年)北京(2008年)と4大会連続で出場していますが、年齢制限もあってこういう記録は生まれませんね。

賀川:年齢制限のない女子のオリンピックでは澤穂希(さわ・ほまれ)さんの96年アトランタに始まる2008年北京までの12年3回の記録がある。彼女は来年のロンドンに参加すれば16年、4回になる。

――彼女はワールドカップも4回連続出場の大記録があります。

賀川:女子についてはともかく、早くから世界的に発達した(男子の)サッカーで、後発の日本にあって八重樫の記録は特筆ものということですヨ。

固定リンク | 素晴らしきサッカー仲間たち | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »