« 浦和、清水、新潟の選手情報を更新 ~賀川サッカーライブラリー~ | トップページ | イタリア、パラグアイ、ニュージーランド、スロバキア、ブラジル、北朝鮮の選手情報を更新 ~賀川サッカーライブラリー~ »

日本代表23人が決まり、いよいよ本番へ向かう

2010/05/11(火)

◆代表発表会で

――2010FIFAワールドカップ代表が決定しました。発表会場にも出向いたそうですね。

賀川:岡田武史監督の顔を見ておこうと思って、出かけたんですヨ。

――どうでしたか。

賀川:大仁邦彌JFA副会長(今度の選手団団長)原博実技術委員長と岡田監督と、3人が出席した。ずいぶん多くのメディアが来ていたね。

――人気低迷などと言っていても、やはりワールドカップ(W杯)代表ともなればということですかね。

賀川:まあ、そういうことだろうが……。日本のメディアというのは人事関連ニュースが好きだから。政治の話でも、誰がどんな政策をということより、誰と誰がくっつくか――といった話の方を大きく取り上げる。


◆5月5日の香川、アマラウのゴール

――5月5日のJリーグの試合でも、試合の面白さより代表候補がどんなプレーをしたかということに終始していました。

賀川:セレッソ鹿島アントラーズに2-1で勝った試合でも、香川真司がこの試合のゴールで代表に選ばれるのではないか――といった調子でネ。もちろん、香川はいいシュートをした。新しい型のシュートを決めたということで、これは彼には喜ぶべきことだが……。チームにとっては、この試合でMFのアマラウが積極的に潰しにゆくのが目立った。その彼の姿勢が、1-1からの2点目につながってセレッソの勝利になった。

――鹿島のGK曽ヶ端が野沢(またはその手前の味方選手)に投げたボールをアマラウが奪い取ってシュートしたゴール。

賀川:曽ヶ端がアンダーハンドで30mくらい前方の野沢にボールを送ったところ、それにアマラウがダッシュした。野沢が気付いてコースへ入ろうとしたが、アマラウの方が速かった。このときの接触でアマラウはバランスを崩しかけたが、持ち直して、大きく踏み込んで右足で強く叩いた。弾丸シュートがゴール左に入った。低い弾道、しかも途中で一度バウンドしたから、曽ヶ端のセービングも届かなかった。

――アマラウの積極プレーに驚いたと?

賀川:ときおり見せる右足のシュートに、「強く叩ける」プレーヤーだとは見ていたが、いつも中盤でボールがくるとすぐマルチネスに渡していて、ブラジル人にしては控えめだと感じていた。それが、この試合でははじめから積極的で、曽ヶ端の位置を見てハーフラインからロングシュートをしたりもしていた。

――面白いので、セレッソの話が長くなりました。代表の方へ話を戻しましょうか。

賀川:代表選考への注目が高いために、せっかくのサッカーの試合の面白さが話題にならないのがもったいないと思う。

――それがまた、日本の今のサッカー風景というところなのでしょう。さて、代表の顔ぶれは……それこそ残念ながら香川クンは入らなかった。

賀川:岡田監督といまのチームがやろうとしたサッカーを攻守にわたって最後の詰めをする。そして本番へ持ってゆく――と考えての選考だろうからネ。

――監督のこれまでのやり方から見て、まずは妥当でしょうかね。

固定リンク | 日本代表 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/48337535

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表23人が決まり、いよいよ本番へ向かう:

コメント

コメントを書く