« 歓迎、中村俊輔!! | トップページ | FUJI XEROX SUPER CUP2010 いい試合だったが得点が少ない(下) »

FUJI XEROX SUPER CUP2010 いい試合だったが得点が少ない(上)

2010/03/02(火)

FUJI XEROX SUPER CUP2010
鹿島アントラーズ 1(1-1、0-0、PK5-3)1 ガンバ大阪

――アントラーズがPK戦で勝ちました。PK戦は鹿島が先に蹴り、ガンバの一番手で蹴った遠藤保仁が失敗。そのあと3人は決めたが、鹿島が5人目まで全て成功したから、ガンバの5人目が成功しても5-4にしかならない。そこで鹿島最終のマルキーニョスが決めたところで5-3。終了となりました。

賀川:遠藤はこの試合のはじめからすごく積極的に動いた。相手が鹿島だから勝ちたいという意欲と、24日のACL、アウェーの対水原三星(0-0)でレギュラー2人が故障したというチーム事情もあったのだろう。早いうちに先制点を取ってリードしたいと考えていたハズだ。こんなに動いて最後まで持つのかなと思ったほどですヨ。

――ACLは鹿島も戦いましたが、23日でホームだったから、ガンバの方が条件は悪かったといえます。

賀川:そういうことも頭に入れて、遠藤は走り回っていたが、やはり動きは落ちて、後半の終盤は鹿島の攻勢となった。それでも、ともかくしのいだが、そうした無理も祟って、PKのときも疲労から感覚が鈍ったのかもしれない。

――いつものコロコロでなく、右上を狙いました。

賀川:ボールがバーをこえたとき、1994年ワールドカップ決勝のPK戦でイタリアの名手ロベルト・バッジョのPK失敗を思い出した。

――全体としてはいい試合でした。

賀川:Jではやはりトップランクのチームだからね。ただし、レベルの高いチームだから、もっとゴールの応酬のスリルがあっていいのだが……

――ガンバは明神智和の欠場もあって、ルーカスをMFに置き、FWにチョ・ジェジンと平井将生(ひらい・しょうき)をもってきました。新しい平井選手の印象はどうでした?

賀川:彼は水原とのACL戦にも出ていたネ。足が速くてとてもいい。もう少しよく見てみたいけれど、DFラインの裏へズカズカと入ってゆくところが頼もしい。ただし、シュートがどうかな。
 一つ、後半に相手のミスからボールを取って左へドリブルして左へ流れて左足でシュートしたのがあった。ドリブルが大きくて、左足でしっかり叩こうとしたが左へ出てしまった。水原戦でも左足のシュートが、これはインでひっかけ気味だったが……

――87年12月4日生まれ、179センチ。Jの初出場は2008年4月27日です。

賀川:大きいとはいえないが、小型ではない。身体的資質としてはいいのだろうと思うが、スピードがあるのだから、左へ流れてのシュートにしても、自分の一番いい形にもってゆけるようになっていないと困る。まあ、どんどん試合に出ればそういうところが上手になるハズだがネ。本人がその気になり、コーチたちがいいヒントを出せば、すぐ点を取れるようになると思う。


【つづく】

固定リンク | Jリーグ | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/47706710

この記事へのトラックバック一覧です: FUJI XEROX SUPER CUP2010 いい試合だったが得点が少ない(上):

コメント

コメントを書く