« ベトナム戦を見て | トップページ | 対オーストラリア:日本がハイクロスから得点、相手はライナーのCKで得点。サッカーは一筋縄ではゆかない(2) »

対オーストラリア:日本がハイクロスから得点、相手はライナーのCKで得点。サッカーは一筋縄ではゆかない(1)

2007/07/24(火)

アジアカップ準々決勝

    日本 1-1 オーストラリア
     前半1-0
     後半0-0
  延長前半0-0
  延長後半0-0
      PK4-3

 昨年のワールドカップの対オーストラリアは、カイザースラウテルンの私の記者席のすぐ下で駒野のヘディングによるクリアのタッチアウトがあり、そこからのロングスローで悪夢のような敗戦のシーンが始まりました。
 今回のアジアカップは自宅のテレビ前でしたから、スタジアムでの緊張感とは少し違っていましたが、それでも、リードされ、同点にし、相手が10人になり、押し込んで追加点を取れず、あげくPK戦という経過に、試合が終わった後はぐったりしてしまいました。
 しかし何はともあれ、勝って何よりでした。

 ここで負けてしまうと、夏の話題が一つ少なくなるだけでなく、暗くなってしまいます。
 野球が、イチローや松坂を先陣にハンカチ王子というニューフェイスも加わり、プロも大学も、高校もいっせいに盛り返し始めました。マスメディアの古株の 関係者はいっときのサッカー人気にいささか戸惑っていたのが、再び自分たちの好きな野球を、誰はばかることなく取り上げられるようになっています。
 そういう時期に、たとえPK勝ちでもベスト4に勝ち残ってくれたのは、まことにうれしいことです。

 日本代表チームとして、少なくとも、あと2試合公式の試合を戦い、経験を積むことができます。プロとなり選手個々の技術は上がっても、代表チームが国際 試合で勝つには組織プレーが大切なことはいうまでもなく(オシムが語るはるか以前、80年前からの日本サッカーの考えです)、したがって連係プレーを伸ば すための試合経験が必要です。

 さて、対オーストラリアを振り返ってみると、中澤佑二に始まり、中澤佑二に終わりました。
 相手のキックオフで始まったこの試合。最初にオーストラリアがロングボールをビドゥカの頭上に送り、それをヘディングで跳ね返したのがCDFの中澤でし た。90分の1-1、15分ハーフ延長の0-0、そしてその後のPK戦。日本の5人目のキッカー、中澤の右足で蹴られたボールがゴール右上隅へ入って日本 の勝利が決まりました。

 ノックアウトシステムの試合で、PK戦は非常に重要な試合の一部なのです。
 中澤はこの試合で最初にボールに触れた日本選手で、最後にボールを蹴った日本選手でした。これは、昨年も守備の中心で戦い、代表から退いていた彼にとっての素晴らしい勲章になりました。

 もちろん川口能活の守りもそうです。
 前回大会での彼のPK戦での強さは、その奇跡的なプレーとともに特筆ものですが、今回は相手が消耗していたこともあり、テレビ画面から川口の方に余裕があるように見えました。
 一人目のキューエルの左足キックの前に、彼は少し動いたのですが、オンラインで小さなすり足で動いたから予想(自信を持っていたハズですが)とは逆に なっても飛べる体勢にありました。いわば相手のキックの方向へ心の準備をして、なお、体には別の備えもあったといえるでしょう。多くのゴールキーパーが先 に大きく(上体ともに)動いてしまうのを見ているいまのPK戦では、川口の素晴らしさが際立った瞬間でした。

(つづく)

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対オーストラリア:日本がハイクロスから得点、相手はライナーのCKで得点。サッカーは一筋縄ではゆかない(1):

コメント

コメントを書く