« 手で絞って首スジを痛める | トップページ | 取材を受けました »

関西サロンと私のサッカーの旅

2007/02/21(水)

 1月の末に洗濯機が故障。部品を取り寄せて、取り替えるのに3日かかった。その間の不自由さに改めて、こういう機会が故障なく動いてくれることのありがたさを知る。

 小物を手で洗いながら、60余年前の軍隊生活で自分の軍服まで洗ったことを思い出した。木綿の夏服はまだいいのだが、厚ぼったい冬用の上衣(じょうい)と軍袴(ぐんこ=ズボンのこと)を手で荒い、叩いて干すのはひと苦労だった。

 今回は自分の手で洗ったのは小物だけだったが、なんと、それを絞るときに手に力を入れると首スジが痛くなったのには驚いた。いまや手だけでなく、つながりのある体の各パーツに応援を頼まなくてはならないのかと、改めて思った。

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西サロンと私のサッカーの旅:

コメント

コメントを書く