« 東から届いた訃報 | トップページ | 小磯良平画家とサッカー »

うれしいガンバの勝利 ~ ゼロックス・スーパーカップを見て~

2007/02/24(土)

 ガンバ 4-0 浦和レッズ

 ゼロックス・スーパーカップで、ここまで点差が開くとは――。
 レッズの選手たちの体調がいまひとつ、また、かなりの強い風(後半の方が強かった)がガンバに味方した場面もありますが、何といっても、ビッグな公式試合での完勝。テレビを見ながら、ひとりで頬がゆるんだものです。

 この試合のすぐ前に、例によってサッカーマガジンの順位予想アンケートがあり、それに対して私は、

1位 ガンバ大阪
2位 川﨑フロンターレ
3位 浦和レッドダイヤモンズ

としてファックスを送信しました。

 メンバーは浦和が一番豊富で長丁場とアジアクラブ選手権を乗り切っても不思議はないと言えるけれど、実戦派のブッフバルトの後を受けたオジェック監督 (まだゆっくり話を聞いたわけではないが)は、キャリアから見れば理論家で理想家肌のようだから、おそらく、これだけのメンバーを持つ以上もうひとつ上の レベルのサッカーをしたいのだろうと想像しました。
 その際に、選手たちに多少の戸惑いが起きるだろう――しかもアジアでのタイトルもあるから、ひょっとするとJの方は――といったふうに見たのでした。

 今度の敗戦の因は別のところにあるのかもしれませんが、これからオジェックがどう考えるか――ビッグクラブを目指す浦和の今年は、ますます気になるところです。

 ガンバについては、どう攻めるかという基礎的なイメージが相当数の選手の中で一致しているように見えます。それが、普通では難しいハズの攻撃力・得点力の水準を保つことのできる理由だと思います。

 相手側のペナルティエリアというスペースを、ここの選手ほどうまく利用できるチームは、今のところ日本にはないでしょう。
 パスの長短や早さの違い、そして、どこでキープし、ドリブルするかの、そのときどきの違いはあっても、エリアの四つの角、その周辺の使い方のうまさは一 昨年ごろから試合を重ねるごとに効果的になってきました。ゼロックス・スーパーカップのそれぞれの得点を見ても、そのうまさが出ています。

 面白かったのは、キリンチャレンジカップのU-22日本対U-22アメリカ戦で、試合終盤に登場した家長が右サイドへ流れてプレーしたとき、前へ飛び出した仲間に早いパスを間髪入れず送ったことでした。
 残念ながら、受け手がトラップミスをしたけれど、ガンバの攻撃で常識となっているこのスペースへの飛び出しに対して、自分のいつもの場所でなくても、す ぐに反応して的確なパスを送った彼を見て――その前に見せた左サイドのドリブルも当然ながら――、「やっぱりなぁ」とうれしく思ったものです。

 もちろんガンバにも、伸ばしてゆかなければならないところはまだまだあります。それはまた次の機会に。

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うれしいガンバの勝利 ~ ゼロックス・スーパーカップを見て~:

コメント

コメントを書く