« キッカー誌コラムニストにデアバル元ドイツ代表監督 ~ 釜本のかつての恩師 ~ | トップページ | わが家のネコ、ダイと川本・釜本の共通点 »

プラティニとの“おしゃべり”とプスカシュのサイン本

2006/11/22(水)

06112201_2 06112202_2
写真左:プスカシュの自叙伝「Captain of Hungary」表紙
写真右:プスカシュの自筆サイン

崇拝賀川翁さん、【生】さん、GKさん。“超”の字のつくサッカー好きの皆さんの『お好みフランス代表論 ~82or86~』まことに面白く拝見しました。

82年といえば、後藤健生ご夫妻にマドリードでお目にかかったのを懐かしく思い出します。
(出場チーム数が)16から24に拡大された初めての大会でしたが、私もまだ若かった(といっても57歳)ので、試合も旅もたっぷり楽しみました。
86年は新聞社を離れ、企画会社時代でしたが、充実したチームがそろった良い大会でしたネ。
77年にフランスリーグを(1試合だけですが)見てから、フランス・サッカーにも目がゆくようになり、プラティニやジレスに直接会って話を聞く機会もありました。

プラティニに話を聞いたのは、彼がトヨタカップのためにユベントス(イタリア)とともに来日したとき。大住良之さんのセッティングでした。
華やかなプレーヤーなのに特別扱いを嫌い、「チームのなかで自分だけがインタビューを受けるというのは困る」という申し入れがあり、それではお茶を飲んで サッカーのおしゃべりをしましょう――ということで、カメラもなし、メモも取らず、テープレコーダーもなしという約束で実現しました。

面白かったのは、彼に「あなたの長い距離のパスには威力があるが、若い頃に特別なことをしたのですか」と聞いたら、「15~16歳の頃から、ハーフラインにボールを置いてゴールに向かってシュートをしました。そう、1日に何十本と蹴りました」という答えが返ってきたこと。
少年期からロングキックが得意だった彼が、その得意芸を伸ばすためにハーフライン(52.5m)からゴール(高さ2.44m、幅7.32m)を目標に蹴ったのは確かに良い練習になったことでしょう。
50m(の距離)で狙ったところへ蹴れるようになれば、30mは完全なコントロールキックになります。ゴルフで250ヤード飛ばせれば180ヤードはコントロールショットになるのと同じだろうと思います。
プラティニの話を聞きながら、上手な選手が自分の得意技を磨くのは昔から日本も世界も同じだナと思ったものです。

崇拝賀川翁さんのコメントに、プスカシュがテニスボールでボールリフティングをしたという話を私の書き物で読んで知ったとありましたが、確かにプスカシュの自伝「Captain of Hungary(キャプテン・オブ・ハンガリー)」に、その件(くだり)があります。
得意の左足で、はじめは20~30回だったのが200回続くようになり、足の上で止めるときにはテニスボールを1インチも弾ませずにピタリと止めるようになったと書いてあります。

ベルリン・オリンピック(1936年)の日本代表の1点目を決めた“シュートの名人”川本泰三さんはトラッピングの名手で、「選手になってボールを止めることに気を使ったことはない」というのが口グセでした。
この先輩もまた、「中学校の低学年の頃にテニスボールを足でつく(その頃は“ボールリフティング”という言葉はなかった)ことに興味を覚えて、ひとりで遊んでいた。100回位は落とさずに続けたヨ」と言っていました。

プスカシュが亡くなったのは、悲しいことですね。今から半世紀前に“無敵のマジャール”でキャプテンを務めたプスカシュについては、改めて書かせていただきますが、まずはご冥福を――。
1927年4月2日生まれの彼は、私よりまだ少し若かったのに……。

さて、この写真の書物「Captain of Hungary」(写真左)は、英国のCASSEL & COMPANY LIMITEDから、1955年にロンドンで出版されたもの。彼の生い立ちから1954年のワールドカップ・スイス大会とその直後しばらくのキャリアをま とめた自叙伝です。
したがって、56年以降の亡命やレアル・マドリード(スペイン)でのプレーについての記述はないのですが、少年期から、ハンガリー代表となりM型フォーメーションで世界を驚かせるいきさつなどがよく書かれています。

このサイン(写真右)はたしか、1993年にハンガリー代表が来日したとき、同行した彼に書いてもらったもの。現役選手のときから太めだった彼は、すっかり太ったオジさんになっていました。
自分の本を手にとって、しばらく眺めていた彼が懐かしい……。あの日、いい通訳がいれば良い話を聞けたのに――。

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラティニとの“おしゃべり”とプスカシュのサイン本:

コメント

コメントを書く